カードローン選びは「金利」ですべてが決まる!

「お金を借りたい」という希望を実現するために選択できる方法には、たとえば「親から借りる」「親戚から借りる」「兄弟から借りる」「友達から借りる」「会社から借りる」などの選択肢があります。これらの方法は、基本的に「個人的な借金」となるために返す期限や利息などが優遇される可能性が高い方法なので、優先順位としては非常に高いです。
しかし、この方法は状況によっては選択しても借りられなかったり、借りられても必要な額に届かないこともあります。大きな金額を早く借りたいときなどは、個人ではなく「カードローン」を選択した方が良いときもあります。この方法であれば、最短1~2時間で50万円程度のお金を借りることができます。しかし、個人の場合と違って「金利」が設定されてしまいます。

返す金額=借りた金額ではなくなってしまう点に注意

カードローンを利用して作った借金には「金利」が設定されるため、借りた金額に加えて利息を支払わなければいけません。たとえば、「20%」という設定で100万円を借りた場合なら、1年間に20万円の利息が発生することになり、20万円を月割りした金額(20/12)を月々返す金額の中から支払っていくことになります。
利息が設定されない状況ならば、100万円の借金を10万円ずつ返していけば10回(月)で完済することができるわけですが、利息が設定されている場合にはまだ10~20万円ほどの借金が残った状態なので、追加で1~2回ほど返す必要があります。利息の分だけ返す金額が大きくなってしまうので、負担軽減のためには少しでも小さい利息で済ませることがとても大切です。

実際に契約した場合の内容を想定して検討することが重要

個人からの借金の場合でも「完済計画」をしっかりと立てることはとても大切です。借りる段階から完済するまでのプランを具体的にシミュレーションしておくと、返している間の負担を大きく軽減する効果が期待できます。当然、これは銀行や消費者金融などのカードローンを利用する場合も基本的に同じですが、この場合は金利の関係性があることにより、むしろ完済計画の重要性が増します。
完済計画を立てる際には、「自身が契約した場合の状況」を具体的に設定する必要があるのですが、ここで「理想的な利息負担」を設定してしまうと失敗するリスクが高まります。契約時には、指定の範囲で設定されるのですが、ここでは「最大値に設定される」という状況を想定してシミュレーションを行うことが賢明です。

ご利用の際は、日本全国のコンビニATMが利用可能です。 突然の出費にお困りの方や、将来のためのステップアップの資金がほしい方のパックアップをします。 ご返済に関しては、お客様のご要望に応じたシミュレーションでマネープランを組むことができます。 ダイレクトワンの利率は4.9%~20.0%となっております。 ダイレクトワンの口座を利用することでインターネットでの返済が可能です。 カードローンの金利についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加