カードローンの金利は繰り上げ返済をすると軽減できる

カードローンを利用した場合に繰り上げ返済をすると利息が軽減できると聞いたことはないでしょうか。表示されている金利は年単位の割合ですので、1年に満たない期間は日割りで計算されます。 多くの金融機関では返済期日よりも前にATMや店舗窓口を利用して支払いができます。口座引き落としで返済している場合には決められた金額に増額して返済するのも可能です。インターネット取引ができる預金口座を利用している場合には借入先の金融機関の会員専用ホームページに登録をして、専用のページからインターネットでの振替手続きの申込ができる場合もあります。これらの返済は余裕がある時に利用ができますので活用するといいでしょう。事前の連絡が必要ない所も多いので、好きな時にやりやすい方法で利用できます。

締め日の翌月に一回払いをする時も早めに支払うと得になる

カードローンを締め日の翌月に1回払いする時でも、返済期日より早めに支払うと金利が軽減できます。あくまでも利息は借入の翌日から日割り計算で付けられるので、日をまたぐことがない限り利息が付くことはありません。極端なケースでは、午前中に借入して深夜に繰り上げ返済をすると元金だけの支払いで済むのです。 生活費に充当するために借り入れるのであれば、できるだけ給料日の直前に借りた方がいいでしょう。必要な金額だけ借り入れをして、あまり日を空けずに返済することを勧めます。突発的な支出に利用する場合は難しいですが、次回の利用時のために覚えておくといいでしょう。 特に事前の手続きをせずに1回払いの利息を軽減するなら、無利息特典の付いている借入を選ぶといいでしょう。金融機関によっては初めての利用に限り、契約日か利用日の翌日から約1ヶ月程度の無利息期間の特典が付いているタイプのローンもあります。

繰り上げ返済のやり方とそれぞれの特徴

カードローンにかかる金利の対策をするには、繰り上げ返済が欠かせません。金融機関の窓口が最寄りにあれば、持ち込んで支払うのもいいでしょう。最寄りにない場合は他の方法を使うしかありません。 ローンカードが発行されているのであれば、ATMを利用して随時に返済するやり方が手軽にできます。金融機関直営や経営母体が同じ金融機関なら、利用手数料が無料になります。しかし、コンビニや提携機関のATMだと108円~216円程度手数料が必要になります。 ローンカードがない場合は、ATMを使うのが難しいです。一部では所定のATMからスマートフォンのアプリを起動させて返済できる場合がありますが、非常に少ないでしょう。ネットバンキングができる口座を用意すると、会員サイトから口座振替の手続きができたり、ペイジー料金収納による返済ができます。開設には費用がかかりませんので、検討してみるといいでしょう。ネットバンキングができる銀行の借入を利用している場合は、口座にログインして繰り上げ返済の手続きをすると、即時振替ができる所が多いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加