カードローンを選ぶポイントは金利と手数料

足りないお金を少し補填したいときに、とても頼りになる存在がカードローンです。いろんな金融機関や貸金業者が参入をしていますので、選ぶときに悩んでしまうこともあるでしょう。そんなときにこそ参考にしてほしいが、カードローンの金利と手数料になります。選ぶべきポイントがはっきりとしていますので、それを理解してから申し込みをするようにしましょう。 多くの方がお金を必要としていることで、あまり深く考えないで契約を締結してしまうことが多いです。それこそ負担となる大きな要因となってしまいますので、そうならないためにもポイントを掴んで、自分への重みにならないカードローンを選びましょう。そのためにこそ必要なポイントを絞っていますので、確認と理解をして選んでください。

金利こそ利用者の大きな負担となる

利用者にとって毎月のように苦しむ存在になるのが金利です。利息とも言われることが多いですが、同じ意味になりますので、こちらも確認をしておきましょう。消費者金融や信販会社の商品となると18%が多く、銀行になると14%台があります。基本数字が少ない方が利用者にとって負担が少なくなりますので、なるたけ低いローンを求めるようにしましょう。 中小の貸金業者によっては、20%のときもあります。利息制限法には20%までと定められていますので、違法行為ではありません。見慣れないことから違法行為のように感じてしまう人もいますので、勘違いしないようにしましょう。いろんな理由で審査が不安な場合、このような中小の貸金業者を利用する方が通りやすい傾向がありますので、参考にしてみると良いでしょう。

意外に負担が大きくなるのが手数料

見逃してしまうことも多いのが手数料です。多くはATMを利用するときに発生する料金になりますが、利用者の知恵と工夫をすることによって、それを大きく削減、もしくはまったく掛からずに利用することができる方法があります。そのひとつが料金が掛からないローンを選ぶことです。銀行によっては、コンビニATMを使っても料金が発生しないローンもあります。キャッシングをするよりも、返済は毎月のように必要になりますので、このようなローンは利用しやすくなるでしょう。 消費者金融のような貸金業者は、基本利用に料金が掛かってしまいます。ただネット上で会員ページからやり取りをすることです。大きく削減することも可能です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加